B型FNスクリーン


特徴

1.メンテナンスが簡単に出来ます。

掃除が簡単に出来ることは重要な性能の一つです。本機はダブルドア一型式の折り畳み構造ですから、今迄のどのスクリーンよりも掃除が簡単です。

2.世界で一番目の細かいスリット式プレートが使用出来ます。

特殊異形線材の組合せ構造(PAT.P)のスクリーンプレートなので、最低0.07mm巾のスリットまで製作出来ます。
又、その表面形状は凹凸を有する、いわゆる乱流形式型であるため、濃度、量、ともに秀れた性能を持っています。

3.脈動が発生し難い。

インペラーが紙料の排出口を遮ることがない事と、アクセプト室の容積が大きく、クッション室の役割を果たすので、脈動が発生し難くなります。

4.濃度の適応範囲が大きい。

インペラーの高速回転(先端スピード25-30M/sec)によって発生するキャビテーションが、強力なスクリーンプレートの目詰まり防止能力を発揮するので、高濃度でも目詰まりが発生しません。

5.省エネルギー型です。

機械の形状が扁平型であり、スクリーンプレートの面積に比べてインペラーのある一次室の容積が小さいので、インペラーの撹拌に要するエネルギーが小さくてすみます。

6.

インペラーの構造と高速回転により発生する強力な剪断力により、未離解紙料の離解が進行するので、テール量も少なくてすみます。
一次スクリーン(原質部門)の場合  20〜25%
精選スクリーン(マシン前)の場合  5〜10%

日本語ページへ