FNスクリーン

本機は原質用スクリーン或いは抄紙室用スクリーンとして広範囲な適応性のある圧力式スクリーンです。原質部に於て3Fスクリーンと直列に使用する場合が多く、丸孔スクリーン及びスリットスクリーンの組合せは除塵効果的に大変有効です。
抄紙室用スクリーンとして使用する場合は一般の加圧式スクリーンと同様なレイアウトですが、本機の特徴は従来型のスクリーンより大きな差圧(Δp)下でもトラブルがなく、又高精度のスクリーンプレート(丸孔1.0φ、スリット0.1mm迄)が使用出来、目詰まり等従来のスクリーントラブルが皆無な事です。
又濃度の適応範囲も非常に広い(0.3%〜1.5%)事も特徴の一つです。ホットメルト、ピッチ、ガムの除去能力も抜群なものがあります。又上質紙のスクリーンとしては種よれ、目玉の除去等他のスクリーンでは得られない大きな特色があります。


テール処理の方法

除塵方法を検討する場合テール処理を含めて考える事が大変重要です。即ちスクリーンの精選能力の向上は逆にテール量の増加をもたらすことになりますからそのテールの処理については万全を期す必要があります。当社製品の3Fスクリーン、FNスクリーンのテール処理については、従来の振動型スクリーンで充分処理出来る場合は特に問題はないが、テールに未離解紙料が多い場合や量の多い場合はしばしば振動スクリーンでは不充分になって来ます。この様な場合は当社製テール処理機パックパルパーの使用により充分なる処理が出来ます。


消耗部品

a)インペラー
 原室部使用時 砂分の多い場合  2〜3年
        砂分の少ない場合 3年以上
 抄紙部使用時 4年以上
b)プレート
 原室部使用時 砂分の多い場合  スリット式 1年
                 丸孔式   2年
        砂分の少ない場合 スリット式 2年以上
                 丸孔式   2年以上
 抄紙部使用時 3年以上

日本語ページへ